あなたの現在の位置: ホームページ - イメージ

 プロジェクト概況


保利・石象湖プロジェクトは成雅高速道路の86キロメールに位置し、国家級生態示範区ー成都市蒲江県県内にあり、古刹である石象寺で名付けられました。

プロジェクトの総面積は1.2万畒です。二つの原生湖の面積は計2000余畒に達します。石象湖は紆余曲折であり、まるで水上迷宮のようです。妙音湖は水域が広く、静かで穏やかです。森林被覆率は90%以上に達し、貴重なる動植物資源があり、空気の質が国家一級標準より優れるため、真の自然的酸素バーです。歴史豊かな郷土文化を頼りに、花文化、古城歴史文化、仏教文化道教文化、お茶産地文化等多彩な旅行資源を発展させてきました。

2002年3月に、石象湖はアジアの最大規模のチューリップ展覧会を持って進出し、西南区域における第一弾の花をテーマとする観光地として広くて好評されました。石象湖ブランドは成立してから十余年以来、[自然、生態、持続可能の発展]を理念とし、西南区域における最高の旅行リゾート目的地を構築することに専念してきました。

今日に至って、観光地は既に春、夏、秋、冬の四季花卉を開発し、一年中お花を楽しめます

2014年、観光地は成功裏に国家AAAA級旅行地に向上させ、旅行品質が一段とアップさせられました。

2015年に二期花卉博覧会が運営に入り、スポットの配備サービスを改善されました。国家級旅行リゾートの建設に基盤を固めた。

 発展の沿革


2002年3月26日、石象湖観光地は正式に開園

2002年、石象湖に苫船観光が登場

2004年石象湖観光地、第一陣の[四川省環境教育基地]と正式に命名

2005年石象湖第一回チューリップ祭り開催

2012年石象湖第一回向日葵祭り開始

2012年6月石象湖象泉山荘リゾートホテル、正式運営に

2012年12月、国家AAA級観光地に

2014年6月カヌーを導入

2014年魚釣りをレジャー項目に

2014年石象湖旅行観光地、全国旅行観光地質量等級査定委員会の査定により、国家AAAA級旅行観光地に

2015年石象湖二期花卉博覧会開催

 発展概況


プロジェクトは国家AAAA級旅行観光地ー石象湖花卉博覧会を頼りに、生態花卉観光産業を元に、インフラ整備及び商業設備を改善させました。次第に水上スポーツ、キャンプ、素質アップ、生態農業観光、生態茶畑観光等体験プロジェクトを導入しています。仏教文化、国学文化、禅文化等文化プロジェクトを深く発掘しています。妙音湖リゾートホテル群及び休養レジャープロジェクト等を融合させ、高レベルのレジャー旅行リゾートを建設し、石象湖の生活様式を披露しています。

成都・重慶を一級市場とし、西南及び全国市場に及ぶ多大な影響力を持つ総合旅行プロジェクトになりました。二期花卉博覧会の運営開始につれ、休暇項目が開発され、影響力が広がる一方です。将来に、石象湖はターゲットチェンジを完成させ、西南一押しの複合型生態休養リゾートになります。

 経営状況


2014年、観光地に遊びにきた観光客は延べ80万に達し、2013年同期に比べ20%増加しました。開園からいままで、観光客の接待量は年々上昇し、接待総量は延べ500万人以上に達しました

 観光地の影響力


2002年5月19日、当時の中共中央総書記江沢民は四川省および成都市の指導者たちの案内で、石象湖観光地を視察しました。同時、記念のため、題詞しました。

石象湖はCCTV・SCTV・CDTV・「CHENGDU ECONOMIC DAILY」「成都日報」「成都晩報」などの主流メディア、SINA・TENCENT・CNTVなどのネットメディア・新メディアによく報道されました。また、業界およびマスコミからの評価により、「年度一番人気がある四川省観光地」「最優秀観光リゾート地」「インターネットで一番人気がある観光地」「年度マーケティング・リーダー」などに選ばれました。

同時に、石象湖観光地は人気ドラマと映画のロケ地です。バラエティー番組「1泊2日」、映画「ピンク女」もこちらで撮影されました。

 開発と保護


石象湖の開発原則、自分の実際状況に適切、持続可能な発展を実現することは開発始め以来、ずっと堅持されています。できるだけ、建築と風景の自然特色を維持し、地形の特徴に基づいて配置・計画を行い、観光地内のすべての原の高齢木を完全的に保存されました。敷地内の湿地生態システムは適切に保護されています。湿地は水源を浄化することができ、洪水を防ぎ干ばつに対抗することができる、干潟を保護し砂泥の堆積によい影響を与えられ、野生動物と植物に素敵な生育・生息場所を提供しています。石象湖の爽心谷は観光地湿地システムの核心地域であり、万年以上の歴史がある、植物の生きている化石と呼ばれるへご林があります。へごは中国一類八種保護植物のなか、右に出るものはありません。

 社会利益を取得


生態を保護でき(農民の網生簀養殖、無駄な伐採、生態破壊行為を変わり、経済と生態の調和を取れた発展を実現します。);

産業構造の調整(小農生産方式を変わり、農業副産物と経済作物を増加し、農産物の付加価値を高めます。);

就職を促進でき(庭師・船大工・掃除員・警備員などを公募するため、当地余剰労働力の就職問題を解決できます。);

地方経済を促進でき(観光地の周りで、農業体験民宿業が盛んになり、蒲江県のホテル・飲食業・第三産業の発展を促進できます。);

 位置づけと計画


石象湖観光地は成都郊外リゾート市場の空白を狙い、リゾート市場高速度で成長する要求を対応し、国家級旅行リゾート区を建設する目標が提出されました。全体的に配置し、段階的に実施する計画になりました。石象湖の花卉博覧園を出発点にし、花卉観光、商店街、水上スポーツ休憩、森キャンプ、素質開拓、整体農業観光、生態茶園観光、仏学文化、国学文化、禅修文化を集大成するの上で、妙音湖休暇ホテル集群、リゾート不動産団地などの高級休暇観光リゾート区と結び、複合的な観光リゾート総合体になります。

 製品開発


市場ポジショニングの需要に応じて、休暇を過ごしたい観光客、一般の観光客と団地の住民の需要を満たす総合的な旅行製品を開発しました。今現在、2500ムーの石象湖花博園を建設し、運営しています。休暇を過ごしたい観光客の需要を満たすために、、象泉山荘休暇ホテル、釣り項目、カヌー競技項目と妙音湖の水上娯楽項目(建設中)などの補充施設を建設しました;一般の観光客の需要を満たすために、花の公園、烏篷の船項目、象山古鎮、花果物荘園(建設中)、観光茶園と子供の遊び場などの補充施設を建設しました;団地の住民の需要を満たすために商店街、団地スーパー、娯楽活動(建設中)、親子活動を用意しました。

プロジェクトは自身と周辺の資源を基づいて、豊かな自由旅行製品を開発して、市場好評を得ました。花文化をテーマとして、水栽培花と盆栽花製品を研究開発した上、自主的に花の栽培基地を建設して、花の種類を多くさせました。蒲江の長い茶文化の歴史をもって、優良の茶を植える資源と生産資源というメリットもあり、石象湖高級手作りお茶と雀舌茶系列製品を開発しました;観光地を代表する象文化に対して、多種類の人気が高い象ぬいぐるみと石膏色付けDIY系列製品をデザインしました。生態農業資源に恵まれている蒲江で、花餅、蜂蜜、季節な果物などの製品も開発しました。市場が天然、健康、高品質の旅行製品に対する需要を満たしました。今後、旅行製品への研究と開発を深めて、産業発展を求めます。

石象湖旅游发展有限公司版权所有 © 蜀ICP备12032224号-1 地址:中国成都成雅高速路86公里出口处(蒲江服务区) 技术支持:成都中科大旗软件有限公司